お問合せ 会員ログイン

包括システムによる日本ロールシャッハ学会
Japan Rorschach Society for the Comprehensive System

会長あいさつ

HOME | 学会について | 会長あいさつ

会長あいさつ

 このたび,2015年6月7日に開催された総会での承認を経て,本学会の会長職を務めさせていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。
中村紀子前会長(現国際ロールシャッハ及び投映法学会会長)は4期12年にわたり,本学会の発展に尽くされました。特に,学会組織の基礎を築き,アジア初となる日本での国際大会の開催や第20回記念大会を成功裏に治めるなど,困難な作業を率先して推進してこられました。この場を借りて,お礼申し上げます。
なお,中村前会長の学会史に残る貢献に対し,このたび理事会が中村前会長を顧問として推挙し,総会で承認を得られましたことを報告いたします。
 本学会は1994年の発足以来,包括システムの発展,普及に努めてまいりましたが,これからも同様の方向性で学会運営に取り組んでまいります。組織につきましては,これまでの体制に加え,新たに認定資格委員会及び研究助成審査委員会を設置しました。また,包括システムの普及を目的とした活動をより円滑に行えるよう,情報管理委員会と広報委員会を統合しました。これら3つの委員会と,従来からの研修委員会,国際交流委員会,編集委員会及び倫理委員会の4つの委員会を加えた7つの委員会で学会活動を進めていきます。これまでと変わらぬ皆さまのご支援,ご協力のほど,どうぞよろしくお願い申し上げます。


会長 野田昌道