お問合せ 会員ログイン

包括システムによる日本ロールシャッハ学会
Japan Rorschach Society for the Comprehensive System

包括システムによる日本ロールシャッハ学会
Japan Rorschach Society for the Comprehensive System

過去の大会一覧

HOME | 国内大会 | 過去の大会一覧

現在編集中です。
 
(過去の大会情報をお知りになりたい方は旧ホームページの国内大会のページをご覧ください。)

  日付・場所・大会長 講演・ワークショップ等 大会ページ
第7回東京大会 日時:2001年5月19日,20日

場所:順天堂大学有山記念講堂

大会長:松森基子
特別講演:「司法精神鑑定をめぐる諸問題」
風祭元先生(帝京大医学名誉教授,前東京都立松沢病院長)
事例検討「虐待された中学生A子の事例」
事例検討者:五木田一朗(千葉県銚子児童相談所),安藤久美子(情緒障害児短期治療施設愛知県ならわ学園)
 
第6回東京大会 日時:2000年5月27日~5月28日

場所:お茶の水スクエア・順天堂大学有山記念講堂

大会長:霜山徳爾
ワークショップ(初級):講師 紀 恵理子(矯正研修所)
ワークショップ(中級):講師 中村紀子(エクスナー・ジャパン・アソシエイツ)
特別講演:「日本ロールシャッハテスト史」空井健三(中京大学)
事例検討会:「元いじめられっこがいじめっ子になった事例」
 
第5回東京大会 日時:1999年5月21日~5月23日

場所:お茶の水スクエア・順天堂大学有山記念講堂

大会長:霜山徳爾
プレ・ワークショップ:講師 中村紀子(エクスナー・ジャパン・アソシエイツ)

ワークショップ : 講師 John E. Exner Jr. 

特別講演:「治療計画におけるロールシャッハの適用」John E. Exner Jr.
 
第4回東京大会 日時:1998年5月9日~5月10日

場所:順天堂大学有山記念講堂

大会長:霜山徳爾
ワークショップA:初心者向けコース(コード化と基本的な解釈)講師:佐藤 豊(防衛医科大学校)
ワークショップB:経験者向けコース
(解釈と治療方針の策定:性犯罪のケース)講師:藤岡淳子(府中刑務所)

特別講演:「ロールシャッハ・カードがどのようにして出来たのだろうか」中井久夫(甲南大学教授・神戸大学名誉教授)
事例検討:「食行動異常のケース」
 
第3回東京大会 日時:1997年5月11日
場所:順天堂大学有山記念講堂

大会テーマ:ロールシャッハ・テストのサイエンスとアートの統合をめざして

大会長:霜山徳爾
基調講演:「ロールシャッハ法の記号をめぐって」馬場禮子(東京都立大学)

事例検討会「いじめにあっていた中学生のケース」
 
第2回東京大会

日時:1996年5月12日

場所:順天堂大学有山記念講堂

大会長:霜山徳爾

 特別講演:「包括システムへの道」高橋雅春(関西大学)

シンポジウム「包括システムをめぐって」
 
第1回東京大会 日時:1994年10月8日〜10日

場所:日本都市センター

大会長:霜山徳爾


ワークショップ:講師 Irving B. Weiner

学会発足記念講演:「ロールシャッハ法、その過去、現在、未来」Irving B. Weiner